近親相姦家族カズの家の告白

※アフィリエイト広告を利用しています。

妹とコロナ禍の中での乱交パーティ

エアロビの先生や弟子達(?)が主催する乱交パーティは、コロナウイルスが始まってから中止になっていました。僕は昔ほど乱交パーティに興味があるわけではないので、どんな状況になっているのか知りませんでした。

先日、エアロビの先生の飲み会に誘われました。母同伴です。飲んでいる時に乱交パーティの話しになりました。コロナウイルスが始まってからは、感染が怖くてずっと自粛しているとのことでした。自粛と言ってもおとなしく自粛しているわけではなくて、スワッピングや3P程度はやっているとのことでした。
2年ぐらい前に参加した整骨院の兄妹は、すぐに脱退して今はどうしているのかわからないそうです。

乱交パーティの話題をしている時に、エアロビの先生の方から、僕の母が実現させようとしていたご近所乱交パーティについて聞かれました。この頃、母はかなり酔っていて両隣の人とキスをしたりオッパイを揉まれて興奮していたので、ご近所乱交パーティのことをペラペラとしゃべり始めました。
近所同士で乱交をやることは、近所付き合いになるのかそれとも、近所で顔を見るたびに勃起してしまうとかいろいろ意見があがりました。
盛り上がりかけましたが、この話題をやめたかったので僕から「実現不可」と打ち切りにもっていきました。
この日のメンバーは全員が乱交経験者というわけではなくて、まったくそんなことを知らない人達もいました。そんな人達は、この話題で引いていました。

この飲み会の1週間後に、エアロビの先生の弟子の元トレーナーさんから1年ぶりに乱交パーティを行うので参加して欲しいとLINEが来ました。飲み会の時にも「もし開くなら参加してね」と言われていましたが、適当に返事していました。その理由は、昔ほど乱交パーティに参加したいという意欲がなくなってきていたからです。お付き合い上、どうしても参加しないといけないのなら参加するけど、どっちでもいいのならパスしたいというのが本心です。

「久美ちゃんかミーちゃんのどちらか連れてきて欲しい」
「ミーちゃんは無理ですよ。久美連れていきますけど、参加メンバーは決まったのですか?」
「カズ君が飽きないように、ちゃんと新人2人用意してるわよ。しかもカズ君より年下よ」
10代とか20代という表現ではなくて、年下という表現だったのでひとつかふたつぐらい年下なんだろうと思いました。

新人2人も参加するのなら、参加したい気持ちがあるので、妹に相談しました。
「あたしも一緒なら良いよ」
即決でした。ミーちゃんにも念のため、聞いてみたら「久美さんと一緒なら良いですよ」と許しが出ました。

そして当日、僕と妹は一番遅れて会場に到着しました。乱交パーティはどこでもそうだと思いますが、集合時間前に会場に着いてからお風呂に入るので、参加者は時間ギリギリではなくて1時間ぐらいも前から来ます。そして順番にお風呂に入り、ガウンやバスタオルをからだに巻いて全員の準備が整うを待ちます。
だから僕はいつも早くから行くのですが、この日は到着が遅れる事態が発生しました。乱交終了後に、フィットネスクラブに消毒作業の業者が入る予定で時間が決まっているので、絶対に遅れないでと言われていたのにです。

僕と妹が到着したのは開始時間の15分前です。急いで妹を連れてお風呂に行ったら、僕達よりもちょっとだけ先に着いたカップルが入っていました。今回はフィットネスクラブが会場なのでお風呂は広くて一度に多くの方と入れます。もし会場がシティホテルなら同時に入れる人数に限りがあるので、全裸で待たないといけません。男数人が待ってる時に、これからの乱交に期待して勃起や半立ちしてる奴がいたら最悪です。

僕達がバスルームのドアを開けると、カップルの男性が僕達の方を見ました、すると妹が「アッ」と声を出して、それから会釈しました。
僕が小さな声で妹に「誰?」と聞くと、「通ってる歯医者さん」と教えてくれました。妹の声が聞こえたらしく、歯医者さんが僕達の方を見て会釈してきました、
エアロビの先生の乱交パーティは、一般募集を一切していないので紹介者限定です、時々逮捕されているような女性をお金で集めて、男性から高額な会費を取って運営しているような売春乱交ではありません。だから次々に会員を募集する必要がないのですが、知っている人が参加していることがたまにあります。

歯科医師と女性がお風呂から上がって行くと、妹が「女性はたぶん、助手さんだと思う。見たことある」と教えてくれました。
この乱交パーティのメンバーは口が堅い人ばかりで、これまで漏れたことはありません。それに本人の口から語られること以上の詮索もしないことになっています。
乱交から引退したからでも漏れたことはありません。自分が乱交で楽しんできたから、他人のことを言えないのはあたりまえですが。

お風呂が終わったのは、開始時刻の5分前でした。初参加の2組が少し緊張した様子で開始時刻を待っていました。
「自己紹介して」
元トレーナーさんから、自己紹介要求があったので、初参加の2組に向かって自己紹介しました。
「カズです。こっちは妻の久美です。久美には、中出しでも口の中でも自由に出してもらっていいです」
妹に中出し可能の表明すると、元トレーナーさんが「カズさんは、昔、鉄チン大会で優勝したんですよ」と余計なことを紹介されました。
このあと、初参加の2組の自己紹介がありました。もちろん名前と関係だけです。歯科医師さんは、女性を「彼女」と説明していました。
もう一組は30代の夫婦でした。こちらの奥さんは中出しOKでした。ということで 歯科医師さんの彼女以外は全員中出しOKとなりました。

自己紹介が終わったのち、コロナ感染防止策について説明がありました。まず最初にフェイスシールドが配られました。
「換気はしますが、念のためにフェイスシールドを付けてもらいます」
みんな、「えー」っと驚きながらもフェイスシールドを付けてみていました。顔を見合わせて笑っていました。試しにフェイスシールド越しにキスしてみる人もいました。
「無理あるなあ」
「キス好きにはこれは駄目だなあ」
元トレーナーさんは「そういわずに」と全員に裸になるように言い、乱交がスタートしました。

まず最初に、女性7人が横一列に立って、男性が順番にフェイスシールド越しにキスをしていきました。全員がキスを終わると、元トレーナーさんが「やっぱり、フェイスシールドは無しにしましょう」と言いました。キス魔の元トレーナーさんには、キス出来ないことが一番のストレスになったみたいです。
フェイスシールドを外してからもう一度キスをしました。

このあとは、女性の乳首を舐めたり、男性がチンポをいじられたりフェラされたり、 顔面騎乗位でオメコを舐めたりして、徐々にエッチな雰囲気になっていきました。
そして最後に、全員で輪舐めしました。パートナー同士が舐め合いすることのないように、順番を決めてから全員で床の上で輪になりました。
まず僕は、最年長の人のオメコを舐めながら歯科助手さんにチンポを舐めてもらいました。1分間ぐらい舐めていると、方向転換して今度は歯科助手さんのオメコを舐めました。毛が結構濃いオメコだったので少し舐めにくいなあと思いながらも感じさせました。

全員一緒でのスキンシップを取ることを終了後、最初の組み合わせ抽選が行われました。クジを引くのは女性で、自分のパートナーを引いたら、もう一度引き直しするというやり方でクジを引いていきました。
僕はクジ運が強い方で、新人夫婦の奥さんに引かれました。奥さんは小柄ですがなかなかのスタイルの持ち主でした。顔はまあまあという感じでした。
僕と奥さんは鏡張の壁側のマットでやることにしました。隣のマットでは、妹と歯科医師の組み合わせになっていました。

あらためて自己紹介して、キスから始めました。少し緊張されていたのでキスしながら少しだけ会話をしました。するとなんと、男性経験は夫だけだと知りました。どうして乱交に参加することになったのか気になりましたが、今は聞く場面じゃないと思い、キスの濃厚さを少しづつ上げて行きました。
「もし僕が嫌なことをしてしまったら遠慮せずに行ってくださいね。手で払ってくれてもいいですし」
そう言うと奥さんのオッパイから攻めていきました。奥さんの抑え気味の感じている声よりも、妹が感じている声の方が大きく耳にはいってきました。
妹は全身性感帯なので、どんな舐め方でも敏感に反応するので、男性は舐めるのが楽しくなるようです。だから歯科医師は、妹を舐めてイキまくらせようとしている気がしました。他の組みも女性をガンガン感じさせていました。攻め好きな女性のいる組みではシックスナインで攻めあっていました。

今回の乱交パーティは制限時間2時間に設定されていました。コロナ感染防止のためであるのですが、スタジオを消毒するために早めに終わる必要がありました。
まず第1ラウンドの「1VS1」は、30分間です。乱交パーティの時は、いつも誰に射精するか迷いますが、この日は初参加の奥さんに中出しすることに決めました。夫しか男性経験のない方なので、2人目になりたいと思ったからです。それに1発出してもあと2発ぐらいは出せると思ったこともあります。

奥さんのオメコを一方的に舐めてイカせると、今度はシックスナインになりました。
「顔をまたいで」と言うと、「恥ずかしいです」と躊躇しました。でも僕は奥さんを僕の胸の上あたりをまたがせると僕は奥さんのからだの下でからだの位置を調整して、奥さんのオメコに口を付けました。
「あ~あ」と甘い声を出した奥さんは、すぐに僕のチンポに口を付けてくれました。男性体験が夫だけだから、フェラにはあまり期待していなかったのですが、すぐに「うまい」と感じました。あとで聞いたら、夫がフェラ好きで精液を飲ませるのが大好きなので、かなりの回数、チンポを舐めたり精液を飲んできたそうです。

奥さんのフェラに耐えながらオメコを舐めている間に、周りでは次々と結合が始まっていました。肉同士がぶつかる音も聞こえたし、壁は全部鏡張りなのでみんなが絡んでいる姿が見えました。
妹は正常位で歯科医さんにチンポを突っ込まれて感じまくっていました。
「いっいいい・・あっああああ・・・」
他の方も感じていて、徐々にあえぎ声が充満していきました。
「そこ!そこ!!」
「いい!!!!いいい」
「気持ちいい!!」
「後ろからもお願い!!!」
女性達はハイペースで感じていました。

その様子を見て、僕もチンポを入れることにしました。時間もちょうど10分を過ぎたあたりだったからです。
奥さんを仰向けにしてチンポをオメコに近づけようとした時に、夫の視線を感じました。
奥さんの夫は、すでに新人女性をバックから突いていて、腰を振りながら奥さんの様子をチラチラと見ていました。
僕は視線を感じながらも気にせずにチンポを入れました。
「ああああああ・・・」
奥さんは初めての夫以外のチンポだからかなり興奮している様子でした。もちろん僕も興奮していました。
初めてのオメコの感触はいつも新鮮です。感触を楽しむようにゆっくりと奥まで挿入してから、ピストン運動を始めました。最初は奥さんの感じるポイントを探りながらゆっくりとピストン運動をしました。
「あああんああんああん・・・」
奥さんのあえぎ声は少し大きく、少し離れている夫にも聞こえているようでした。
その声に興奮したのか、奥さんの夫が射精したみたいでした。

その直後に妹が歯科医にイカされる声が聞こえてきました。
「イクううう!!」
妹をイカせた歯科医は、「イク」とも宣言しなかったように見えましたが、妹に腰を押し付けてオメコの奥深くに射精しているように腰をビクンビクンとさせていました。
中出しされていた妹は自分からキスを求めていたので、初めての相手に興奮しているようでした。僕自身も妹が初めての赤の他人に中出しされているのを見て、興奮しました。

奥さんのオメコを正常位でズボズボ突いてから、結合したままで騎乗位に変えました。騎乗位でも奥さんの上半身を僕の方に倒させたままで突ききまくりました。鏡で夫を確認すると、僕と奥さんの結合部をじっとみておられました。
奥さんは正常位よりも、この角度の突き上げが良かったらしく、激しく声を出して感じていました。
「アッアッアッ・・・アアン・・・アア!!」
ピッチを徐々にあげていくとイキそうな感じがしたので、さらに激しく突き上げました。
「アアアア気持ちいい・・いっちゃう・・イクイクイクううう!!!」
すると奥さんはすぐにイッてしまいました。

余韻に浸っていた奥さんの下から這い出すと、今度はバックからチンポをぶち込みました。最初から少し強めにピストン運動をすると奥さんは、すぐにイキそうになっていました。
「またいっちゃう、イクイクイク!!!
奥さんがイッたので、バックでつながったままで次の展開を考えました。この時点で7組中4組までが射精を終わっていました。
僕は奥さんを抱き起すと、夫のすぐ目の前に移動しました。そしてそこでもう一度、僕が仰向けになって、奥さんを抱きしめながらチンポを挿入しました。夫の約1m前で結合しました。
結合した瞬間に、イカされた直後の元トレーナーが「あと5分で第1ラウンド終了よ」と告げました。
僕は時間前に射精するために、激しく突き上げを開始しました。この角度が一番合う奥さんはすぐに感じてすぐにイキそうになっていました。
「また、また、イクううう」
奥さんがイッてもピストン運動をやめずに突き上げを続けました。そして射精の感じがグググと来たので、ラストはさらに高速で突き上げました。
「アッアッイクウウ・・アアアアア・・気持ちいい・・ああ・・またくる・・」
「そろそろイクよ」
「出して出して・・ああいくうう」
奥さんと同時にイケました。そして精液を出し切ったら、そのままの体勢でチンポを抜いて、中出ししたオメコを夫に見せつけました。

最初の30分間が終了したので、第2ラウンドに移行しました。
第2ラウンドは、女性7人全員が四つん這いになって頭を中止にして放射状に並びました。そしてひとつのオメコを3分間ずつ突いて回りました。
この時のルールは3分間ずっとピストン運動を続けないといけないルールです。もし射精してしまったら、脱落です。女性はイッても大丈夫なルールでした。

チンポを無事に入れ終わったら、手を挙げて申告します。全員が揃った時点でスタートです。
第1ラウンドで射精した人は5人で、その5人は全然余裕でピストン運動に励んでいました。僕の隣にいた20代メンバーは徐々に動きが怪しくなっていました。他にも怪しい人がいて、それに気づいた男の幹事が「今から僕の掛け声に合わせて動かしてください」と宣言しました。
「イチ、ニー、イチ、ニー・・・」
全員がその声に合わせてピストン運動を続けました。怪しかった20代メンバーは最初の3分間を乗り越えましたが、次に妹に当たると耐えきれられずに中出ししてしまいました。
精液の量が結構多くて、次に僕が妹のオメコに入れて最初に引き出すとチンポにかなりの精液が巻き付いて出てきました。
第1ラウンドで射精しなかったもうひとりの男性も妹のオメコに耐えられるずに中出ししてしまっていました。

第3ラウンドは14人全員での乱交です。自由に絡んでも大丈夫なのですが、休憩エリアにいる女性にだけはチンポを入れてはいけないことになっています。でも男には休憩する権利はないので、求められたら参加しないといけません。それと女性のからだにはずっと触れてないといけないルールもあります。

全員乱交では妹と第1ラウンドでイカせた奥さん以外の5人をイカせることが出来ました。
射精はもうひとりの新人の歯科医の助手さんに出しました。中出しNGなので口の中にたっぷりと流し込みました。飲んでくれるかなあと期待したのですが、口の中でモゴモゴさせていてダメそうでした。それを察した新人の奥さんが口を近づけて精液を受け取っていました。そして僕の精液を奥さんが美味しそうに飲んでくれました。

乱交は予定通りの時間に終了しました。僕は2発射精しました。妹は僕以外の全員から中出しされていました。妹は年はとりましたが、他人の目からみても可愛くて、この日のメンバーの中でも一番だし、オメコの感触も相当上位なので、みんな暴発してしまったのだと思います。
妹はすごく満足していました。




近親相姦家族カズの家の玄関に戻る アダルトグッズのNLS

Copyright(C) 近親相姦家族・ カズの家 All rights reserved.