近親相姦家族カズの家の告白

大阪北部地震で近所の結束力がアップ

更新が遅くなりました。遅くなった原因は6月18日発生の地震の影響です。先日の地震では、僕の家の最大の被害はかっちゃんの手作りの棚が倒れてグチャグチャになったことです。他の部屋でも棚から落下したものはありますが、棚自体が倒れたのはかっちゃんの部屋だけです。
ガスがしばらく止まりましたが、僕の家はオール電化なのでガスが止まっても全然影響がありませんでした。
僕の家は全然影響なかったのですが、近所のほとんどの家では風呂に入れないことになってしまいました。だから僕の家では、近所の人達のためにお風呂を解放しました。

ガスの供給が再開するまで、家の中は普段以上にエッチな家になりました。というのも近所の人がお風呂に入りに来るからと言って、エッチを控えたらストレスになるし、近所の人達は僕の家のことを知っているのだから遠慮する必要もありません。それにご近所乱交を始めるいいきっかけづくりになるので、風呂に入りに来た人をエッチに誘いまくりました。

僕の住んでいる地区では、復旧が遅くまでかかりました。土曜日のことです。近所の方は土曜日までにだいたい2回ぐらいはお風呂に入りに来ていました。毎日でも入りに来てもらっても良かったのですが、湯沸し器のタンク容量などの関係で積極的に毎日来てとは言えませんでした。

土曜日のことです。ご近所乱交にチャレンジすることにしました。お風呂開放後、以前から乱交に興味のあった近所の男性のうち、3人は妹とミーちゃんのオメコに射精しました。シャワーを浴びに来たときに、妹とミーちゃんが男性のチンポを洗って興奮させたのです。ご近所5人のうち、3人は我慢できなくなって妹とミーちゃんの誘いに乗って中出ししました。3人の男性は全て奥さんと一緒に来ていました。3人とも奥さんに見られながら大量の精液を出していました。

この3組の夫婦に、乱交パーティすることをもちかけました。3組中、2組は誘ってから2時間以内にOKの返事がきました。残り1組は「妻が抵抗あるみたいで、妻は見学だけなら」と返事がきました。条件付きでしたが3組とも参加表明してくれたので、みんな喜んでいました。その晩からご近所乱交のために禁欲しました。
優ちゃんとかっちゃんはご近所乱交の対象から外したので、二人には禁欲させませんでした。ふたりはわざと僕達に見せつけるようにエッチしまくっていました。

土曜日に約束通りやってきたのは、次の3組です。
・30代半ばのご夫婦。ともに家電メーカー勤務。呼び名はパナ夫と奥さん。 ・40代前半の夫と30代半ばの妻。夫は菓子メーカー勤務、妻は専業主婦。呼び名は江崎さんと奥さん ・40代後半の夫と30代後半の妻。夫は調査会社勤務、妻は派遣勤務。呼び名は帝国さんと奥さん。この奥さんが見学だけ希望です。
土曜日は全員休日でしたが、地震の関係でいろいろ用事のある方もおられると思ったので、朝10時に集まってもらうことにしました。

全員、時間に遅れることなくやってきてくれました。僕の家族は、僕、妹、父、母です。ミーちゃんは、優ちゃんとかっちゃんとミミちゃんと大和を連れて、施設のお手伝いに出かけていました。
僕達は先にシャワーを浴びていたので、みんなに順番に入ってもらいました。待っている間、緊張をほぐすためにビールを勧めました。パナ夫さんと帝国さんは、妹とは先日初めてエッチしました。江崎さんは母とはエッチしたことはあります。
パナ夫さんの奥さんも、江崎さんの奥さんも、この日の参加者とは一度もエッチしたことはありません。それに乱交パーティに参加した経験が全員になかったので、みんな緊張していました。

ビールが進み、全員がシャワーを浴び終わった頃には、緊張がほぐれていました。そして最初のペアを決めました。
僕はパナ夫の奥さん、父は江崎さんの奥さん。妹は江崎さん、母はパナ夫さんと帝国さんの3Pにしました。乱交初体験同士の組み合わせだけは避けました。

パナ夫の奥さんの隣に行き、そっと顔を近づけると目を閉じて顔をあげてキスを受ける意志表示をしてくれました。初めてキスする相手なので、僕も緊張しました。男性体験がパナ夫さんだけと聞いていたので余計に緊張しました。唇をそっと重ねてから徐々に攻めていきました。最初は唇を舐めるようにキスをしていき、そして唇を割って舌を差し込みました。敏感な方で舌先が触れただけでピクン!と感じて呼吸を荒くしていました。
舌をしっかりからめたかったので、「口開けて」と要求したのですが、すごく興奮していて僕が要求するほど口を開けてくれませんでした。

キスをやめると、パナ夫の奥さんが目を開けたので見つめました。すると欲情した目で見つめ返してくれました。そして奥さんが巻いていたバスタオルをはぎ取りました。夫にしか見せたことがなかったので、自分の手で隠してしまいました。その手を優しく外させると優しくおっぱいを触りながら仰向けにしました。
そして乳首を舐めようと体勢を取ろうとした時に、見学だけの帝国さんの奥さんと目があいました。夫が母と3Pしている様子の方を見ずに、僕とパナ夫の奥さんの方を見ていたのでアレ?と思いましたが、パナ夫の奥さんと帝国さんの奥さんはすごく仲が良いということを聞いてからは納得しました。

乳首を舐めると「ひゃああ」という感じで声を上げていました。かわいい声質で敏感なので舐めがいがありました。舐め続けると激しくからだをよじりながら感じていました。僕の手を握ってきたので手をつないだまま舐め続けました。左右どっちが良く感じるか交互に確かめていると、帝国さんの奥さんがさらに接近していることにきづきました。僕はパナ夫の奥さんの手を離すと、帝国さんの奥さんに握らせました。そして乳首舐めをやめて、オメコを舐めることにしました。

かなり敏感そうなので、いきなりクリトリスにはいかずになるべく遠くから舌を這わせました。それでも感じまくっていました。クリトリスに舌先をあてると空いている方の手で口を押えて声を我慢しはじめました。その手を外させて僕が握りました。パナ夫の奥さんは両手を帝国さんの奥さんと僕に握られながら激しく声をあげて感じまくっていました。そして30秒間ぐらい舐め続けると「いや!だめ!あああああ!!」とエビそりになるようにからだを浮かせてイッてしまいました。
「すごい・・」と声を出してイク瞬間を見ていた帝国さんの奥さんの手を上から握りました。僕がパナ夫の奥さんと手を握りたいと勘違いした奥さんが手を離したので僕はすぐに手を掴みました。そして興奮で上気していた帝国さんの奥さんを引き寄せると顔を近づけました。僕がキスしたいと思っていることを察知して「だめ」と小さな声を出したのですが、僕があごを持ち上げると目を閉じて上を向きました。軽く唇を重ねると受け入れてくれました。でもそれ以上のことは控えました。

帝国さんの奥さんとの軽いキスを済ませると、チンポを舐めてもらうことにしました。ソファが空いていたので、ソファに座りました。帝国さんの奥さんを横に座らせました。この時、すでに妹のオメコには江崎さんのチンポがずっぽり入っていました。江崎さんは、「久美さん、かわいいですね」と声をかけながらズボズボ突いていました。他のペアも結合が始まろうとしていましたが、僕は焦らずにチンポを舐めさせました。舐めてもらいながら帝国さんを引き寄せて肩をくっつけながらフェラの様子を見学させました。

パナ夫の奥さんにチンポを舐めてもらっている間に他のペアがすべて結合を果たしていました。妹は気持ちよさそうに声をあげていました。3P中の母はバックから攻められながらチンポも舐めていました。父は江崎さんからよく見える位置で江崎さんの奥さんをズボズボ突きまくっていました。
それらを見た僕は、あんまり出遅れすぎるのは良くないので、チンポをいれることにしました。帝国さんの奥さんが離れていかないので手伝ってもらうことにしました。
ソファに座った僕のチンポを上向きで支えさせて、パナ夫の奥さんが背面座位でチンポを入れる瞬間をサポートしてもらいました。
興奮した表情でサポートしてくれた帝国さんの奥さんに、そのまま結合部をずっと見学させました。

パナ夫の奥さんは体力があまりないので、上下運動しつづけることができなくて止まりました。体位をバックに切り替えてチンポを挿入すると、もう一度帝国さんの奥さんのからだを引き寄せました。ピストンを開始すると帝国の奥さんのからだを服の上から触りました。キスも何度か迫ったら全て受け入れてくれました。そしてオッパイにも手を伸ばすと逃げようとしたけど触り続けさせてくれました。

パナ夫の奥さんがイキそうになってきたので、帝国さんの奥さんのからだを触るのをやめてズボズボ突きまくりました。
「イイイイ・・イキそうイキそう・・ああイク!!!」
パナ夫の奥さんの感じている表情がすごくいいので、イキ顔を見た瞬間、射精しそうになりました。
ピストン運動を再開しようとしたら、母から離れた帝国さんがやってきました。
「代わってもらってもいいですか?」
乱交になれてきた帝国さんが積極的にチェンジを要求したので、オメコからチンポを抜きました。帝国さんの奥さんは、ギンギンでテカテカの僕のチンポをチラッと見ました。僕の視線を感じた帝国さんの奥さんがチンポから目を離したので「もっとしっかりみてください」と見るように強制しました。

次に江崎さんの奥さんのオメコに入れることにしました。父がまだ江崎さんの奥さんを攻めていたので「父さん、交代」と要求しました。父はすなおにチンポを抜いてくれました。この日、父が素直にチンポを抜いたのは理由があります。パナ夫の奥さん、江崎さんの奥さんには、中出ししないことにしていたからです。母と妹は中出しOKにしていましたが、パナ夫の奥さんも江崎さんもピルを飲んでいないからです。
中出しOKなら、先に射精したいと思うので中出しするまで続けますが、今日はそうじゃないのですんなり抜いてくれました。

江崎さんの奥さんとは10分間ぐらい結合しました。パナ夫さんがやってきたので途中で交代しました。僕も父も、3人の近所男性の邪魔にならないように次々と相手を変えました。女性全員感じまくって声をあげていました。
肉のぶつかりあう音や、オメコとチンポが擦れる音やエッチな匂いが充満して、帝国さんの奥さんが興奮のあまり、僕のチンポを欲しがってくれないかなあと思いましたが、望むような展開にはなりませんでした。

この日、僕は江崎さんの奥さんのお腹の上に射精しました。父はパナ夫の奥さんに顔射していました。
妹は帝国さんとパナ夫さんに中出しされていました。母は江崎さんに中出しされました。
射精は全員1回だけでした。乱交初体験のご近所さんが今日の乱交で慣れたみたいで、来月にもっと濃厚な乱交をしようと約束しています。






近親相姦家族カズの家の玄関に戻る アダルトグッズのNLS

Copyright(C) 近親相姦家族・ カズの家 All rights reserved.