近親相姦家族カズの家の告白

ついに久美のアナルを貫通しました

日曜日の事です。夕方から4人で町内のボウリング大会に参加するので、朝からセックスを楽しむことにしました。場所はリビングルームです。テーブルを外してマットを引きました。

最初はいつものようにキスから始まりました。僕は母とキスして妹は父とキスをしました。僕と母がキスをやめても父と妹がキスしたままだったので、母が妹のオ○コをいじり始めました。僕はキスをやめさせようと妹の腋の下をくすぐりました。妹はくすぐったがって父から離れたので、僕はソファに押し倒しながらキスをしました。そうしたら父が妹のオッパイを舐め出して、母がオ○コを舐め始めました。

そのまましばらく3人で舐め続けました。舐める場所を交代したり、同時に両方のオッパイを舐めたりしました。最後は妹をまんぐり返しさせて3人で順番にひと舐めずつなめました。

そのあとで父と母、僕と妹の組み合わせでシックスナインをしたあとで、そのままの組み合わせでセックスをしました。前の木曜日が僕と母、父と妹の組み合わせから始めたので、今回はこうなりました。先に母が騎乗位で父とやり始めたのを見た妹が「お兄ちゃん、バックでして」と言って、父と母のそばでバックの姿勢を取りました。僕は水着の跡のついた妹のお尻をつかんで、チ○ポをお尻の割れ目にこすりつけてからオ○コに入れました。

僕は、妹のオ○コに出たり入ったりしている僕のチ○ポをながめながらゆっくり出し入れしました。母もゆっくり腰を上下させていました。そして「ハマッているのを見せて」と言うので、僕はチ○ポを抜ける寸前まで引っ張りだしてからゆっくり突き入れました。「母さん、見える?」と聞くと「見えるけど、もう少し早く出し入れして」と言うので、早く動いたらチ○ポが抜けてしまいました。

妹は僕に突かれながら母と会話をしていました。もし僕たちの家族セックスを他人が見学したら、エッチじゃない会話がすごく多いのに驚くと思います。妹はしばらくは学校の話をしていたけど、僕がピッチをあげて行くうちに会話が途切れてきました。そのあと妹は、母がカラダをそらせて父との結合部が丸見えになったので、舌を這わせていました。

母が父のチ○ポを抜いて「交代しよ」と言うと、妹は前に這って行ったので僕のチ○ポがずるっと抜けました。妹はすぐに父にまたがって自分でチ○ポを入れてしまったけど、母は妹のオ○コ汁がべっとりついたチ○ポをうれしそうに舐めました。チ○ポを舐めてから「寝なさい」というので横になると母が上から乗ってきました。母と妹はしばらくの間、キスをしながら腰を上下させていました。2人ともダイエットを兼ねているので中腰で激しく上下させていました。

その後騎乗位で一度チェンジして、最後は妹と父がマットで正常位でやって、僕はソファにもたれていた母を、膝立ちで突きまくりました。先に妹が「お父さん、イキそう」と悲鳴をあげたので、父は僕にも母をいかせろと言いました。父が妹を突くスピードを落とした間に、僕は母を激しく突きました。そして母もイキそうになったので父はもういちどスピードをあげました。父が「イクゾ」と言うと妹は「お父さんちょうだい」と言って口を開けました。父は妹の口に向けて精液をたっぷり発射していました。

僕の方は母が「今日は中だしして」と言っていたので、母のオ○コに中だししました。射精している間、母は「たくさん出てる」と言っていました。僕は全部出てしまってからも母のオ○コの中でチ○ポをピクピクさせていました。母は「出しても全然固さがかわらないわね」と言いました。

僕と母はつながったままで妹が父のチ○ポの後始末を終わるのを待ちました。妹は父の精液をほっぺに着けたままでぐったりしながら這ってきました。そして僕の足の間に潜ぐりこんで仰向けになりました。僕は妹の口の位置と母のオ○コの位置が合うように、母のカラダを手前に引いて調整しました。そしてゆっくりチ○ポを抜くと精液が妹の口に向かって落ちていきました。でも全部は出ないので残りは母が妹の顔をまたいで出していました。

母のオ○コから精液が全部出てしまってから母は妹の顔を舐めてきれいにしていました。それから2人で分け合って飲んでいました。

1回目が終わってから休憩しました。休憩中に「アナルの調教の仕方を教えて」というメールをもらったことを話しました。その話題がきっかけで妹のアナルの話になりました。父が妹と2人だけの時に先っぽだけ入れて見て痛かったので、すぐに抜いたという話から、父のチ○ポより細い僕のチ○ポで試してみようと言うことになりました。妹は最初は嫌がっていたけど、元々は興味があったのと、父から「何でも買ってあげる」とい言われて覚悟を決めました。

母がローションとアナルバイブとレズ用のバイブを取ってきてから再開しました。母が妹の足を持ってまんぐり返しにしました。父が妹のアナルにローションを塗ってから指を入れました。僕はOKの合図があったらいつでも入れられるように、四つん這いの体勢で妹のからだを押さえつけている母のオ○コにチ○ポを入れて待ちました。

父が指を2本にしたあとで1本目のアナルバイブを挿入しました。「痛くないだろ?」と父が聞くと、妹は「大丈夫」とまだ余裕の表情で答えていました。2本目の少し太いバイブに変えると「すこし痛い」と言いました。でも父がゆっくり出し入れしながら「どうだ」と聞くと「大丈夫」と答えました。

父が「そろそろ、お兄ちゃんのを入れてみようか」と言うと、妹は「痛かったらやめてよ」と言ってから「お父さん手を握っていて」と言いました。僕は母のオ○コからチ○ポを抜きました。母の汁でテカテカしているチ○ポを見た父が「母さんの汁ですべりよさそうだなあ」といいました。 僕はチ○ポの先を妹のアナルにあててグッと押し込みました。入れた瞬間に妹は深呼吸はしたけど「痛い」とはいいませんでした。父が「ゆっくり奥まで入れろ」と言うので、ゆっくり入れていきました。奥まで入ったら父は「全部はいったぞ。わかるか」と言いました。妹は「入ってる」といいました。母は「少しぐらい痛かっても慣れるから我慢しなさい」と言いました。

妹のアナルの中でチ○ポをゆっくり出し入れし始めました。すると妹はあえぎ声を上げ始めました。父が「気持ちいいか?」と聞くと妹は「わかんない」と答えていました。少しスピードを上げると小さく「痛い」という声をあげたけど、しばらくすると言わなくなりました。僕は父の手をしっかり握りながら母に励ましのキスをされたまま耐えている妹の顔を見ながら、チ○ポを動かしていると、イケナイ事をしているような気になりました。

「中で出してみろ」と父が言うので、僕はそのまま突き続けました。すると妹の反応が急に変わり始めました。父が「気持ちいいのか?」と聞くと、「変な感じなの」と答えました。そして僕はあえぎつづける妹のアナルに向かって射精しました。

終わって見ると妹は「全然平気。サンドイッチだって出来るもん」と強がりを言いました。冗談でじゃあ「サンドイッチするか?」というと「今日は母さんに譲る」と言いました。すると母は「そんなことしたらヘトヘトでボウリング出来なくなるじゃない。」といいました。そしてふざけているうちにバイブで妹をサンドイッチすることになって3人でおさえつけながら、オ○コにレズ用のバイブを入れてアナルにはアナルバイブを入れました。妹は「いやいや」と嫌がっていたけど、すぐに感じ出してカラダをよじっていました。

夕方のボウリング大会は、父が3ゲーム合計で543ピンで優勝、僕は421ピン、母は467ピンで女性の部で優勝、妹は294ピンでした。妹が1ゲームに「69」ピンで、母が2ゲーム目に「169」ピンだったので変な所で盛り上がってしまいました。

近親相姦家族カズの家の玄関に戻る

Copyright(C) 近親相姦家族・カズの家 All rights reserved.